読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少し語らせてくれ

何かを語る

夢を追って渡米!?やめとけwwな理由

テスト期間、早めに帰れる期間だ。帰宅した俺は、何の気なしに、普段つけないテレビをつける。弁当のフライを口にする俺の目を引いたのは「ピース綾部の渡米」の話題だった。どうやら、ハリウッド俳優を目指し、NYに移住するらしい。今の立場を放り投げるような決断の、その背景。そこには、芥川賞受賞という偉業を成した、相方の又吉の存在が見えた。

 

 

又吉と綾部の"違い"

綾部は、又吉の成功に触発されて決断した事を話している。相方が、文化人の顔を持つ芸人、という地位を自力で確立したわけだ。眩しい。ジェラシーを感じる。下世話な話、印税も羨んだだろう。実際、妬みは隠しきれていなかったと聞く。

はっきりいう、まあ無理だろうな。

又吉著「夜を乗り越える」を読んだが、又吉先生は、とるべくして芥川賞をとっている。中一のときに太宰治作品と出会い、シンパシーを感じ、文学にはまっていく。18の時に初めて小説を書いて躓いてから、小説の書き方についても考えるようになり、アホほど小説を読む。

その後も、様々な所で文を書いてきた。

1日、15時間お笑い4時間睡眠5時間という生活をしていたそうだ。

又吉先生は最初から、芥川賞を取るぞ!なんて言っていない。

頭の片隅にはあったのかもしれないが。文学を続けていたら、いつの間にかとっていた。という表現が当てはまりそうだ。

ただただ、文学を続けていただけのことだった。

対し、綾部はしたい事がはっきりわからず、目標も漠然としすぎ。実力も伴っていない。(坂上忍に演技の批判されてたし)

米国で最初何をするかと言ったら、英語の勉強。舐めてるとしか思えない。

 

まず正攻法は無理。多分そのことは綾部も気づいているだろう。どうやら、まずはコメディアンとして活動するらしい。果たして綾部には、ハリウッドに目をつけられる程の秘策はあるのか。みものではある。

 

まあ、無理だろうな(2回目)

 

 

"いつの間にか"なってるぐらいじゃないと。

f:id:saraku1921:20161013220340j:image