読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少し語らせてくれ

何かを語る

小5の俺と"きっかけ"。練習を始める

"書く"ことに目覚めた

 

小学5年の時の国語の授業に、「想像力を養おう」なるものがあった。

ページに9つの写真があり、その中から一つ選ぶ。その写真から想像力を膨らませ、物語を書け!というものだ。

俺(11歳)はノート一冊分を書き上げた。

周りは殆ど1ページも満たない中でだ。

クラスで一番デキるやつも、精々2ページ半であった。実際、ズバ抜けていたと思う。楽しくて仕方がなかった。

それから、(4年くらいかけて)徐々に"書く"事で食って生きたいと思うようになったのだ。

当時のノートはどこかと聞かれたら、無い。所詮小5の書くもの、パクリも多々あり、下らない。読み返す事もない。捨てた。

 

多分そんなもんでいいんだな。きっかけって。

 

 

というわけで、書く練習も兼ね、「高二病随想録」(名前は変えるかもしれん)

書いていきます。